平谷村の特色ある伝統行事





1月6日(金) 平谷村の伝統行事「どんど焼き(松焼き)」が行なわれました。
例年にない12月の大雪で、平谷小中学校の校庭も雪が残っていたため、除雪をして場所を作ってからのどんど焼き(松焼き)となりました。

正月の門松を集めて、三つの地区別にどんど焼き(松焼き)をします。
書初めやお札の古いものや「歳の神」の飾り物(傘・旗等)も一緒に焼きます。
餅を持参して、この火で焼いて食べると夏病みをしないと言われています。
また、燃え残りの木を持ち帰り、家のかまどで炊事に使用すると、家内が無病息災になると伝えられています。
(平谷村誌より)






(c)2003 平谷村役場;Hiraya-village government office. All rights reserved.